財布に優しい!?おっさんが訳あり価格並みに激安です

主人が、テレビを見ていたら、面白そうだからと言って、≪三匹のおっさん≫を購入してきました。続々編を希望します。面白かったです。

コレです♪

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

おっさん三匹のおっさんふたたび [ 有川浩 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

想像通りの面白さで楽しめました。子供の為に購入。追記・ネタばれになったら申し訳ないですが!最後に有川さんの「植物図鑑」のイツキが出てくるサイドストーリー?が載っていたのが面白かったです。との事です。定年を迎えて退職した剣道家のキヨさん飲み屋経営の柔道家のシゲさん工場経営の機械オタクのノリさん個性豊かな三人のおっさんたちが、地域の困りごとを解決するために自警団のようなものを立ち上げ、困難を解決する、というストーリー第2弾。気持ちが落ち込んでるときにも読みたくなる本です。今回も6話からなる短編集ですが!1作めと違い2作目はそれぞれのキャラクターにスポットが当たって苦悩や成長が描かれていました。この本でドラマ化してくれたら面白そうなのになー。自分も過去に読んでからドラマを見たので!もう一度読み返してみようと思います。おじいさんではなくオッサン…良いですよね文庫になるのを待てませんでした。ドラマと重なり、面白さが増します。大好きな有川さんの新刊!わくわくしながら読みました。有川さんのはベタ甘なものが多いのですが、「3匹のおっさん」はちょっと「落語」っぽい感じのお話で、どんな人にも楽しめるのではないでしょうか。ああ、面白かった♪と読み終わった時に感じる作品です。単行本があると電車でも読めるのですが!文庫本のため!自宅で読んでいます。それが久々のヒットで面白かったので、それ以降すっかりファンになり、有川三品を買い集めました。甘い恋愛作品が目立っていましたが!今回は全く違う作風だったと思います!作風は違えど読みやすく楽しめる作品だと思いました。爽快感を味わえるオススメの一冊です。ちょっと苦い読後感がすきです。テレビも面白いけど原作も面白いですね。有川さんの本は!どれも続編がでたら嬉しいなと思う物が多く!そして!どれも期待を裏切らないと思います。1度読み始めると止めることができず、これを読んでしまうと次の有川作品までまたさみしくなるのに・・と思いつつ一気に読んでしまいました。続編が出るとは思っていなかったので!とても嬉しかったです。三匹のおっさんがおもしろくて、続編もすぐに購入。有川氏の著作は!図書館戦争自衛隊3部作等!ミリタリー色が強い作品が好きなのですが!3匹のおっさんは!勧善懲悪気味でありながら!そうそうは割り切れない現在を鋭く描いてあり!楽しみながら「うーん」とうなることになる。作者にはまり作者作品をコンプリートしようと購入。おじさん3人がそれぞれの得意分野の能力で胸のすくような活躍をしてくれます。有川さんの本が好きで、三匹のおっさんもとても面白く、続編楽しみにしていました。有川浩さんの本は小学生でも詠みやすく!情景が頭に浮かぶようです。どこにでも転がっているような事柄だからこそ!こちらがいやな読後感にならないように着地させてくれるのはうれしいです。一作目より痛快さは減ったような気がするが!それでもサクっと読めます。ただ、第一弾の方が物語の展開が良く面白かったかな。日本のどこかで必ず起きていて!私達の身近にも起こりうるそんな問題をおじさま3人+α(?)が解決していく様子はとても痛快です。この続きもぜひ出して欲しいなぁ。じいさんと孫って言うありそうでなかった設定がいいですね。登場人物の今後が気になり、続編を期待してしまうのが困りものですが。続編ですが、相変わらず面白い。家族にも読ませたくなりようないい本です。現代っぽくもありながら、どこかほのぼのしていて温かい気持ちになれます。三匹のおっさんのドラマを見た子供が読みたいといったので購入しました。。解決する内容も日本中に転がっていそうな!書店万引き!不法投棄!お祭りの資金繰りなど!身近で厄介な問題に!今回もキヨさん・シゲさん・ノリさんの三匹のおっさんが立ち上がる!ヽ(〃v〃)ノ─!!そして最後に「好きだよと言えずに初恋は」で!1巻の5話目に登場した潤ちゃんのお話が載っています。私としては今回もとても面白かったです。何も知らずに読んだので!「あ!」と思い!また「植物図鑑」を引っ張り出して読んでしまいました^^三匹のおっさんが面白くて直ぐに購入しました。あっという間に読んでしまいました。現代の「必殺仕事人」みたいな感じで!三匹のおっさんの活躍に心が朗らかになります。その後まもなく!テレビでドラマ化され!痛快で面白いので!≪三匹のおっさん ふたたび≫も読んでみたくなりました。それにしてもうちの町内会にいてほしいおっさん達だわ。有川作品で最初に買ったのが、実は「3匹のおっさん」でした。シリーズ第二弾!今回も人間味のある物語で夢中で読んでしまいました。